災害夜 駅近の価値消えるよ 意外さ

Updated : 2012年3月26日

 最近地震に関する報道が非常に多く、しかも新事実、例えば首都圏直下型では震源がこれまでの予測より浅く、そのため震度7くらいまでになるとか。
 房総沖に新しい活断層が見つかって、これが震源になると、やはり東京は震度7くらいになるというなど。
 これでもか、というふうに報道されています。
 報道されることにより、用心し、備えることは確かに良いことかとは思います。
 しかし、そうと分かっててても気が滅入ります。
 何せいつ起こるか分からんのですから、始末が悪い。起きるのは仕方ないとしても、起きる時間帯くらいは、指定させてもらいたいところです。
 ウィークデーの日中に起こるとすれば、またまた帰宅難民が大量に生じるでしょう。
ここで回文(最近凝っています。(笑))
 「災害夜 駅近の価値消えるよ 意外さ」(サイガイヨルエキチカノカチキエルヨイガイサ)
交通機関がマヒすれば、駅近物件の有利性なんぞありません。
 職場か、職場の近くにしばらく籠城できる体制を整えるようにしたいところですね。

このページのトップへ