ホッとかギリシャ、そや自力がドツボ

Updated : 2012年6月18日

ギリシャの再選挙の結果が先ほど、ほぼ明らかに。ユーロ圏離脱を回避すべく、緊縮財政政策の推進派政党が勝利しました。
これで、ひとまずは、ユーロ危機回避の方向が見え、円高が落ち着き、株式市場も上げております。そして不動産マーケットもひとまず安堵です。
結局ギリシャ国民の多くははやはり、ユーロ圏に留まることを希望しているわけです。
とにかくその国民の意思を選挙結果で外に示せたのは、良かったと言えますね。
しかし、この結果だけで、安心というものでもないでしょう。実際に緊縮財政が行われるかどうか、その実行については、選挙で確定したわけではありません。
現状ギリシャでは、若者の失業率は50%を超えると言いますし、企業の売上げ不振や倒産も酷い状況のようです。緊縮財政政策は少なくとも短期的には、こういった事態を悪化させます。国民はそういったことに耐えられるでしょうか。さらに脱税が横行していることも気掛かりです。
しかし、ユーロ圏を離脱し、自力での通貨発行はもっともっと困難な経済状況を招くでしょう。
ギリシャの皆さん、頑張って下さい!!
ここで回文
「ホッとかギリシャ、そや自力がドツボ」
  ホツトカキリシヤソヤシリキカトツホ

このページのトップへ