株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

金利の操作 嘘の稟議

     2015/02/20   時事回文      sada

LIBOR、ロンドンの銀行間取引の金利が大手銀行のトレーダーなどが、示し合わせて不正に操作していたとの報道。
LIBORは日本の金利水準にも大いに影響があります。しかし、ずいぶんとスケールの大きい不正事件であります。
その方法は架空の金融取引を捏造する手口であったそうな。これにより金利水準を低く誘導したらしいのですが、誘導できるほどの架空取引って、どんだけ巨額の取引なんでしょうか。想像がつきません。
また、こんなことが何人かでできちゃうのが不思議です。銀行内のチェック、稟議はどうなっていたんでしょうか。。。

ここで回文
「金利の操作 嘘の稟議」
 キンリノソウサウソノリンキ

金利の操作 嘘の稟議 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2012 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ