時代が「日本店舗に買い!」だし。 

Updated : 2012年9月25日

 本日の日経新聞に、ファミリーマートが、自社展開の店舗について、これまでの賃借から、購入に方針転換していくとの記事がありました。
 日本の不動産が底を打ったのでは、との判断です。記事では、さらにゴールドマンサックスなどの外資も、日本の不動産への投資を再開する動きにあることも伝えています。やはり、地価の底打ち感があるようです。
 これらの動きが、デフレ脱却の糸口になれば、と期待されます。

 ここで回文
 「時代が「日本店舗に買い」だし。」
 シタイカニホンテンホニカイタシ

このページのトップへ