たぶん選挙で預金全部だ!

Updated : 2012年11月27日

いよいよ衆議院解散、総選挙となりますね。
「四当五落」国会議員選挙にお金が掛かる例えとして言われるフレーズです。曰く、5億かければ当選で、4億では落選と。。。

 このフレーズの真偽はともかく、選挙にお金が掛かるのは本当でしょう。
国会議員の中には、選挙で私財を使い果たし、歳費(国会議員の給料)で何とかかんとか生活している方もおられましょう。かつてはどこだかの議員さんが、借金が嵩み、歳費を差し押さえられるところまで追い詰められたとか聞いたことがあります。

 これは私見ですが、金権選挙には反対ですが、議員が歳費を生活の糧として、あてにするようではいけないのではないかと思っています。政治を行う人が、明日のご飯を気にしていては、一国のことまで、なかなか思いを馳せられないのではないか。。

 最近丸谷才一さんのエッセイを読んでいましたらかつてアメリカの新聞で、「フランスの政治家で愛人のいない者は、複数の仕事を同時にこなせない奴と見られる」という冗談が掲載されたとか。
 まあアッチの方に寛容なお国柄のフランスにおいては、本当かなと思わせますな。確かにサルコジさんなんか、お金持ちで、生活は余裕たっぷりに見えましたしね。
いずれにしろ、政治家には、自分の生活や目先のウケ狙い(ポピュリズム)に囚われず、大局を見て仕事をしてもらいたく思います。

ここで回文
「たぶん選挙で預金全部だ!」
タブンセンキヨデヨキンセンブタ

このページのトップへ