解散し、停滞痛いで、人災か。

Updated : 2012年11月14日

 民主党は、自民党などと協力を得、特例公債法を成立させる方向です。野田首相は、これでいよいよ条件が整ったということで、衆議院の解散を行う公算が強くなっています。

 年末に向けて慌ただしい時期に選挙が行われれば、経済界には、少なからず影響がありそうです。
 しかし一方で、死に体の政権が長引くことは、決して日本にとって良いことではありません。何とか日程などを工夫して、出来る限り経済活動などに支障が少ないようにお願いしたいものです。

 ここで回文
 「解散し、停滞痛いで、人災か。」
 カイサンシテイタイイタイテシンサイカ

このページのトップへ