たんと粒、異物飛んだ!

Updated : 2013年2月28日

福岡の空が霞んでしまう日がちょくちょくあるようになりました。
原因はお隣中国から来たPM2.5なる凄く小さな粒子です。
工場から排出される排煙に含まれるこの超微粒子が大量に偏西風に乗って飛来。

西日本を中心に今、被害の懸念が広がっています。
気管支炎等を患っているお子さんをお持ちの親御さんなどは特にご心配でしょう。
 さらに中国からは、このPM2.5のほか、春先になれば黄砂もやってきます。
加えて、これは国内ですが、花粉も飛び、正にトリプルパンチの地域が日本の中に出てきそうです。

 またこのままPM2.5などの飛来が続けば、住宅などに、空気清浄器を組み込むなどの工夫が地域によって施されるようになるかもしれません。
空気汚染の酷い地域は、そのことが不動産の価値にも影響が出るかもしれませんね。
 何とか中国に対処してもらわなければいけません。

ここで回文
「たんと粒、異物飛んだ!」
タントツブイブツトンタ

このページのトップへ