試し。橋監視が進化し始めた。

Updated : 2013年2月5日

 国土交通省は、老朽化したトンネルや橋などインフラを、高感度センサーで監視するシステム導入を決定。
日本技術を用いたこのシステムは常時、無人で検査でき、且つ従来の人間が行う検査に比して、かなりコストセーブにもなるとのこと。

 笹子トンネル事故の教訓がこのシステム導入を後押した格好で、いよいよ実際にこのシステムが運用できるのか、実験開始であります。

 ここで回文
「試し。橋監視が進化し始めた。」
タメシハシカンシカシンカシハシメタ

このページのトップへ