五輪を呼ぶよ、Only Go!

Updated : 2013年3月5日

 国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員会による競技会場の現地視察が東京にて行われています。
東京オリンピック招致に向け、招致運動関係者は、一所懸命なプレゼンテーションを行なっているところです。

 東京の強みは、アスリートファースト、つまり選手村の充実など、アスリートへの配慮が行き届いていることや、競技施設がコンパクトに纏まっていて、運営が円滑に行われやすい(これも選手にとっては楽なことだと思われます。)ことなどです。

 オリンピック招致については、ちょっとネガティヴな見方も少し前までありましたが、今はもう大方招致賛成に国民世論は傾いております。となれば、何としても来てもらいたいオリンピックです。

 また、オリンピックが招致できるか否かは、アベノミクスがうまく軌道に乗るかどうかについても結構影響を与えそうです。
何と言っても景気は「気」からですので、アゲアゲ気分に国民がなれば、実体経済も上向くでしょう。
 もちろん不動産市場についても同じ。招致決定はきっと取引の活発化を後押ししそうです。
 招致に向けての好プレゼンテーション、熱い想いが実を結びますように。。。

ここで回文
「五輪を呼ぶよ、Only Go!」
ゴリンオヨブヨオンリゴ

このページのトップへ