立ち見会見し、不審経過満ちた。

Updated : 2014年4月10日

理研の小保方氏、たくさんの報道陣を集めて会見を昨日行いました。
多くの識者がこの会見にコメントを寄せています。

彼女の一所懸命な姿勢は伝わりましたが、どうにも解せない言い分も
目立ちました。
科学者というと、一般には御茶ノ水博士のような風貌をイメージしますが
そのイメージの真逆(異形)なところも、解せなさを助長しているのかも
しれません。

これから実相が明らかになっていくことが期待されます。
ここで回文
「立ち見会見し、不審経過満ちた。」
タチミカイケンシフシンケイカミチタ

あとは小保方さんの公開実験に期待が集まりますね。
そこで回文
「再現化、見たい民、歓迎さ。」
サイゲンカミタイタミカンゲイサ

このページのトップへ