梶田、師が下地か。

Updated : 2015年10月7日

 梶田隆章教授が、ノーベル物理学賞を受賞されました。大村智北里大特別栄誉教授のノーベル生理学・医学賞受賞に続く快挙です。ニュートリノに質量があることを明らかにした功績とのことですが、どうも一般人には理解が困難です。宇宙の生成の謎を解くことに役立つようですが。。。いずれにしろ先に物理学賞を受賞した「カミオカンデ」生みの親である小柴先生の跡を継いだ研究です。小柴先生あっての受賞ですね。そこで回文

「梶田、師が下地か。」カジタシガシタジカ

このページのトップへ