労苦のだ、皆が涙の空路

Updated : 2015年11月13日

MRJ、国産ジェット旅客機が初飛行に成功したことはとても明るいニュースです。これまで、このプロジェクトに携わった方々の苦労は計り知れないものでしょう。初飛行は延期に次ぐ延期でしたが、結果良ければすべて吉。関係者は感涙、感無量でしょうね。しかし、YS-11の生産中止から半世紀、国産飛行機のブランクは長かったと思います。初飛行までなかなか計画通りにいかなかったのは、プロペラ機とジェット機という違いはありますが、やはり一旦途絶えた技術を取り戻すのには大変な労苦、時間が必要であるということでしょう。これからはジェット機製造技術を益々蓄積していってもらいたいましょう!ここで回文

「労苦のだ、皆が涙の空路」ロウクノダミナガナミダノクウロ

このページのトップへ