医者悔しい。

Updated : 2015年11月28日

 厚生労働省と財務省は2016年度の診療報酬を引き下げる方針です。高齢化とともに医療費は急上昇しており、国や地方自治体の財政が悪化。薬価や医師の技術料を下げて、医療費膨張を抑制しようというわけです。病院の収入は減少することになり、医師の報酬も抑えられることになりそうです。また、市販薬についても医療保険対象にする動きもあり、これによっても病院へ行く患者が減ることが予想されます。お医者さんも懐が暖まりにくくなりそうです。

「医者悔しい。」イシヤクヤシイ

このページのトップへ