株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

階高差、過大さ。

      時事回文      sumiosan

国税庁などは、いわゆるタワーマンションによる相続税節税を封じる施策の検討を開始します。
上層階は流通価格に比して、相続税評価額がとても小さくなるので、これを利用して現在相続財産を圧縮できます。これはマンションの各部屋の相続税評価額をその土地の持ち分評価と建物の評価の合計を全部屋同じ基準で、算出するので上層階、下層階で金額に差がつかないことによります。
。これを一部の富裕層優遇だとして、今般見直そうということです。ただ実際上はどどういったマンションに適用するのか、例えば、何階建以上に、とか、難しそうです。また実施となれば、高層マンションの売れ行きに少なからず影響が出そうです。を今後の改正の動きに注目ですね。そこで回文
「階高差、過大さ。」カイダカサカダイサ
20160124_104202

階高差、過大さ。 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2016 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ