活躍つつく薬価

Updated : 2016年4月7日

財源不足の中、膨張する医療費に歯止めをかけることは必要な施策です。そのうち薬代については、過剰な処方を防ぐにあたっては、かかりつけ調剤薬局制度が検討されています。本日の日経新聞では、薬価について、その効能によって決めるようにする厚労省の方針が報道されていました。効き目のない薬にお金は支給しないということです。そこで回文
「活躍つつく薬価」カツヤクツツクヤツカ

このページのトップへ