年産、減産ね。

Updated : 2016年10月2日

OPECが原油減産で合意しました。原油価格の値下がりは産油国の財政状況を圧迫し、世界の投資マネーの収縮を呼びます。産油国が窮状を脱すべくお互いの利害を超えて減産に合意したのです。しかし、現在の原油のマーケットは、OPECだけでコントロールできる状態ではありません。アメリカのシェールガスの生産状況の影響が大きくなっていますので、原油は相変わらずそう高くならないのです。また原油価格の低迷は、日本経済のデフレも促進します。日銀の2%インフレ目標は逃げ水のように遠のく一因です。
「年産、減産ね。」ネンサンゲンサンネ

このページのトップへ