よく天下り知りたく、マークよ。

Updated : 2017年1月27日

天下りという言葉の響きには、何かズルいというものがありますね。お役人だった人が、かつて監督した会社に退職後再就職するということは、受け入れ先も役所の手心を期待していると思われても仕方ありません。その人物の経歴ではなく、能力がどうしても必要であれば、話は違うかもしれません。しかしやはりそこは「李下に冠を正さず。」でいってもらいたいところです。お役所や受け入れ先が、斡旋者をでっちあげたり、虚偽の資料を残してま行う天下りが許されないのは当然でしょう。しかし、かの国の新大統領は、規制を受けるべき商人が行政を牛耳ったわけで、こりゃ「天上がり」ではないだろうか。。
「よく天下り知りたく、マークよ。」ヨクアマクタリシリタクマアクヨ

このページのトップへ