シリア、多々有り死

Updated : 2017年4月8日

アメリカがシリアの政府軍の軍施設をトマホークで電撃空爆。アサド政府軍が化学兵器、サリンを使用し、多くの市民を殺傷したことへの報復措置とのことでう。中東への介入には消極的としていたトランプ外交の転換です。シリアは更なる混迷を深めます。
「シリア、多々有り死」シリアタタアリシ

このページのトップへ