核、擁護無き大きな強欲か。

Updated : 2017年4月18日

北朝鮮金正恩は核・ミサイルの開発を、国際社会からの非難をよそに進める姿勢を見せています。彼の国内掌握、軍の掌握のために強気でいなければならない事情があるのでしょう。しかし、それに周辺の国々が振り回されるのは大きな迷惑です。アメリカも圧力をかけるのは理解ができますが、実際の武力行使は、金正恩の暴発を招くので控えていただきたいと大方の日本国民は思っているでしょう。しかし、このチキンレースの落としどころはどこなのか、不透明感が募ります。
また経済もこの北朝鮮問題をどれくらい織り込まれるのか、これも読みづらいところです。
「核、擁護無き大きな強欲か。」カクヨウゴナキオオキナゴウヨクカ

このページのトップへ