日馬、混乱困るは。

Updated : 2017年11月28日

 横綱日馬富士の暴行事件問題は朝から夜までテレビ番組を賑わせています。単なる暴行事件ということではなく、貴乃花親方と相撲協会執行部との確執などが絡み問題は複雑化しています。日本の国技たる大相撲ですが、今上位力士の多くをモンゴル出身力士が占めています。事件の発端もこのモンゴル出身力士同士の揉め事です。相撲部屋としては強い関取を確保しなければ、経営は苦しくなります。飽食日本では相撲に進む若者は少ないですから相撲部屋としては背に腹は代えられず、外人力士を入門させることになります。今後もこの傾向は弱まることはないように思いますので今回のような事件はたびたび起こるのではないでしょうか。大相撲はどこへ向かうのか、予断を許しません。

「日馬、混乱困るは。」ハルマコンランコマルハ

このページのトップへ