勝ち取る春、栃か。

Updated : 2018年1月28日

6年ぶりの平幕優勝はジョージア出身の栃ノ心。大けがから復活して前頭3枚目で掴んだ栄光です。初日から気迫が滲み出た相撲を取り続け、賜杯を手にします。30歳と決して相撲の世界では若くなく、異国の地での長い苦労を思うと感動します。相撲界ではなにかとゴタゴタがありますが、この栃ノ心の優勝は一服の清涼剤になりました。白人力士の特徴でしょうが、力が入ると徐々に体が赤く染まっていくのも良いですね!

「勝ち取る春、栃か。」カチトルハルトチカ

このページのトップへ