予想株価嘘よ。

Updated : 2018年2月14日

2017年は株価上昇の年でした。諸物価がほとんど変わらない中で1年間で2割の上昇ですから大幅上昇と言っていいでしょう。年末の証券会社のトップはもちろんですが、株のアナリストも大方2018年の株相場は強気予想でありました。ところが年明け1月初めは良かったのですが、2月に入っておよそ10%の下落で、強気予想に冷や水が浴びせられました。これは上昇相場前提の調整局面なのか、それとも金融バブル相場の終焉の予兆なのか、その判断は立派な経済学者であっても難しいところかと思います。ところで先日地方物件(某県の県庁所在地)の賃貸更新手続きをしましたが、今回含めここ5回ほどの更新(2年)で必ず賃料は引き下げになっております。そんな状況を見ると株価の強気予想との違和感がどうしても拭えません。そんなわけで株価を強気に見通せない私です。

「予想株価嘘よ。」ヨソウカブカウソヨ

このページのトップへ