長き積立してた?三月かな。。。

Updated : 2018年3月27日

今朝の日経新聞一面には修繕積立金が不足しているマンションに関する記事でした。特にタワーマンションに関して深刻であると伝えています。新築分譲の折には、管理費や修繕積立金の額を抑制することで、販売しやすくすることは分譲会社がやりがちなことです。特に修繕積立金は建築後新しいうちはあまり必要が無いのでマンションの区分所有者も気が付かないで時を過ごしてしまいます。気が付くとマンションは古くなって、修理箇所は増加し、資金不足が明るみに出てきます。中古マンションの価値を図るモノサシとして修繕積立金のストックの多寡は注目度ますますアップです。

「長き積立してた?三月かな。。」ナカキツミタテシテタミツキカナ

このページのトップへ