株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

裁決に沿い、パネル取るね。敗訴につけ、いざ。

     2015/02/20   時事回文      sada

先月タマホームが横浜の方で設置した太陽光パネルについての裁判で敗訴してしまいました。
パネルを設置した家のお隣がマンションで、そこの住人がパネルの反射光がまぶしくて、まともな生活ができないほど困っているとのこと。パネルの撤去や損害賠償を求めタマホームを訴えました。
横浜地裁は、住人の訴えを認め、太陽光パネル12枚の撤去と、22万円の損害賠償をタマホームに命じたのであります。
この横浜のような例は各地にあるように思えますので、今後同様な訴えが出てくることが十分予想されます。
いずれにしろ今後はパネル設置にあたっては反射光の影響を考えなければならなくなりそうです。
原発事故以来、補助金をつけるなどして自然エネルギーである太陽光パネル設置を推進してきた政府としても、ちょっと複雑な思いの判決かもしれませんね。
ここで回文
「裁決に沿い、パネル取るね。敗訴につけ、いざ。」
サイケツニソイハネルトルネハイソニツケイサ

裁決に沿い、パネル取るね。敗訴につけ、いざ。 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2012 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ