要は地銀難儀、地這うよ。

Updated : 2017年12月16日

 今日の日経新聞の一面は「地銀、好況でも迫る危機」と、地方銀行の収益力低下を取り上げています。マイナス金利政策は、確かに経営者にとっては金利負担が減って収益が出やすくなります。しかし一方では貸し手の方は金利収入が得にくく収益が上がりにくくなります。特に地方銀行は、海外での金融ビジネスなどで収益を上げることはできませんので、マイナス金利は大痛手です。日本のほとんどを占める中小、零細企業のメインバンクは、その過半が地銀、信金などの地方金融機関です。従って地方金融機関の疲弊は日本経済の疲弊につながります。日銀の超金融緩和もそろそろ出口に向かう?

「要は地銀難儀、地這うよ。」ヨウハチギンナンギチハウヨ

このページのトップへ