没後のゴッホ

Updated : 2018年1月7日

ゴッホ展(巡りゆく日本の夢)を観て参りました。会期が終わろうとしているところでも来場者数は大変多く、日本人のゴッホへの関心の高さを感じました。まあゴッホだけではなく、日本人はそもそも美術好きですよね。美術展覧会の多さなどは世界有数とのこと。美術は非日常であり、合理性の反対の位置づけなので、日々のストレスが比較的大きいと言われる日本人を癒してくれるからでしょうか。都心のビルの普請が続いていますが、アートを配して人が集まる空間作りに目が向けられるようになるのではないでしょうか。GINZA7も草間彌生さんの作品が集客に貢献しているようです。アートで都市創造の時代がやってくる予感がします。しかし、死してここまで人気を博すゴッホは偉大です。

大人気の「没後のゴッホ」ホツコノコツホ

このページのトップへ