あら、あそこ、ここソーラー

Updated : 2018年5月6日

 家庭の太陽光発電の転機か。個人宅に設置されたソーラーパネルで発電されている余剰電力の高値買取期限がいよいよ来年2019年に迎えるとのことです。10年間高値で買い取り、その分のコストは電力会社は使用者に電力代金に上乗せされる仕組みです。東日本大震災によりこの固定価格買取制度は拡張されましたが、太陽光発電シェアも増加し、一定程度その使命も終わったということでしょう。160万戸におよぶ家庭でできる余剰電力を来年以降どのように有効に流通させるべきか、日本の知恵が試されます。

「あら、あそこ、ここソーラー」アラアソコココソアラア

このページのトップへ