株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

2019年1月21日「2018年の東京地裁総括①」

      開札トピックス      hiroko

東京地裁開札トピックス(19.1.21号)

2018年の東京地裁総括①

 今週から2週は2018年の東京地裁の開札結果の総括を行いたい。まずは全国の競売新規申立件数であるが、一昨年は前年比で約6.55%減少した。これで2010年から8年間連続での減少になる。ただ減少幅は縮小し、福岡高裁管内は逆に36%以上も増加している。(図表1参照)また東京地裁本庁についても僅かながら増加した。また競落率は依然水準は高いものの、こちらも僅かに減少した。(図表2参照)どうやら2018年は東京地裁競売市場の転換年であったようだ。2018年春ごろから新規競売申立て件数も多くなってきており、今後対象物件数の増加傾向が続くだろう。こういった現象は都心を中心とした不動産価格高騰に天井感が出ているからかもしれない。ちなみに2018年1年間で最高入札本数77本を集めたのは東京メトロ銀座線「田原町」駅徒歩約2分に立地する土地付建物であった。この物件の住所は台東区雷門1丁目で、ホテル立地として優れていることでこれだけの人気を集めた。22坪の土地で、売却基準価額の3.6倍、1坪単価520万円で落札された。この事例もホテルブームの昨今を反映したものと言えよう。

 

2019年1月21日「2018年の東京地裁総括①」 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2019 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ