株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

2019年3月18日「アメ横再築不可物件が一番人気」

      開札トピックス      hiroko

東京地裁開札トピックス(19.3.18号)

アメ横再築不可物件が一番人気

 2月28日開札では、JR山手線「御徒町」駅徒歩約2分のいわゆるアメ横商店街にある物件が一番人気であった。この物件商店街の一角で商店会費も負担していたようだが、商店街から一本路地を入ったところに位置する。この路地は通路扱いであり、建築基準法上の道路ではないため、物件自体が再建築不可となる。土地は約6.6坪と狭小で、その上に昭和62年に建築された鉄骨造4階建、延床面積約21坪の建物が建っている。1階は喫茶店が賃借し営業しているが、2~4階は事務所・店舗の仕様であるものの現在空室とのことである。この物件の敷地はその評価上では建築基準法上の接道義務を果たしていないということで、7割減を施している。それもあって売却基準価額が1140万円であった。しかしそれに対し28本の入札があり、最高価4388万円にて競落された。競落者の社名を見ると貿易会社のようで、得難いアメ横の物件であるが故に事業のためにも是非購入したかったのではないだろうか。一方では借地権付建物ではあるが再築可能で築8年弱の築浅物件が入札1本に止まり、売却基準価額を下回って競落されている。最寄駅(東急池上線「久が原」駅)から徒歩約14分だが、大田区の環境の良い住宅街で、立地も悪くはない。しかし住宅であり、借地であることから購入ローンの不安も手伝い売却基準価額2526万円のところ最高価2345万円での落札であった。立地の希少性を感じさせた2つの競落事例であった。

2019年3月18日「アメ横再築不可物件が一番人気」 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2019 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ