株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

悟るさ、OYOが世を去るとさ。

      時事回文      sumiosan

 OYOはインド発の大手ホテルチェーンで、2019年3月に一部では日本の不動産市場に黒船が来たと言われ進出しました。格安ホテル事業とともに一番力を入れたのが不動案賃貸事業でした。OYOが部屋を借り上げ、ITを駆使してスマホから容易に入居手続きを行い、家具付きでカバン1つで入居できるサービスを展開しました。一時は8000室まで扱いを増加させ勢いに乗るかと思いきや収支が取れず大失速しました。現在は500室程度とのことですが、採算好転は見込めず日本撤退の結論になったようです。格安ホテル事業は当面継続のようですが、こちらも借り上げたホテルオーナーとのいざこざが報道されたこともあり、順調とは言えないようです。こOYO日本法人にはソフトバンク傘下のビジョンファンドも出資していて近い将来IPOによる大きなリターンを期待していていましたが目論見は全く外れました。またビジョンファンドはアメリカのシェアオフィスのウイワークにも大量出資しましたが、こちらも難航している様子です。ソフトバンクはどうも不動産関連新ビジネス投資の目利では無いようです。

「悟るさ、OYOが世を去るとさ。」サトルサオヨカヨオサルトサ

悟るさ、OYOが世を去るとさ。 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2021 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ