株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

2022年7月25日「大岡山のマンション坪単価約480万円で落札」

      開札トピックス      hiroko

東京地裁開札トピックス(22.7.25日号)

大岡山のマンション坪単価約480万円で落札

 マンション人気の高さが続いているところであるが、好立地物件の専有面積坪単価はその中でも特に際立つ。7月6日開札では、東急目黒線「大岡山」駅徒歩約2分に立地する「パークホームズ大岡山ラヴィアンコート」の専有面積約21.3坪の3LDKの部屋が開札対象になった。築10年のこの物件の売却基準価額は6206万円であった。この物件での評価書を見ると、積算手法での算出価格に対し価格補正として50%を上積して売却基準価額を導き出している。現状のマーケットを斟酌しての価格補正で、専有面積坪単価が290万円強となっていたが、これに対し入札は28本あり、最高価1億240万円弱にて競落されていった。競落価格は専有面積坪単価約480万円で、売却基準価額に対する上乗せ率は約65%に上った。この水準での落札であると、再販売り出し価格は専有面積坪単価で550万円、総額で1億2000万円にはなりそうだ。レインズの成約データを見るとあり得る価格ではあると思われるが、三井不動産ブランドならではの販売見込み額を前提にした競落価格だと言えよう。

 ちなみにもし一戸建で築10年くらいの物件を考えてみると、おそらく駅から少し離れたとしてもほぼ同立地且つ同床面積の物件は土地建物総額で1億円前後であろう。好立地築浅マンション価格は一戸建価格を上回る状況である。

2022年7月25日「大岡山のマンション坪単価約480万円で落札」 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2022 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ