株式会社ワイズ不動産投資顧問

自動!?高速無く走行とし。

 自動運転は遠い話かと思いきや、来年2023年春にはレベル4まで解禁に向けての法整備を行うとの報道がありました。レベル4は走行ルートが決まったところなど特定条件下における完全自動運転です。つまりは無人車が公道を走ることになるわけです。そんなに早い時期にと思いますが、ドイツとフランスに次ぐ3番目とのこと。世界は急速に自動運転に向かっています。しかし、コスト面のこと、サイバー攻撃などでのシステムエラーへの対応などなど課題はまだまだありそうで、法整備されてもすぐに無人者が走り回ることはないように思います。ところで自動運転、当初は時速6キロメートルくらいらしく、速足レベルのようです。もし自動運転が普及すれば鉄道の赤字路線廃止への対応もできそうです。そして足回りがよくなれば土地の価値も上がる?

「自動!?高速無く走行とし。」シドウコウソクナクソウコウトシ

この記事は2022/10/28に公開され、42 ビュー読まれました。

     時事回文   

自動!?高速無く走行とし。 競売・公売不動産/底地投資コンサルティング

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2022 All Rights Reserved.