株式会社ワイズ不動産投資顧問

開札トピックス

弊社代表が平成バブル崩壊以来30年以上「週刊住宅新聞」に毎週掲載しているレポート記事で、東京地裁での競売結果を紹介・解説しています。 主に競売入札を検討される方々に愛読されております。

また、競売を申し立てる債権者(金融機関等)にも有用なレポートです。

2022年10月24日「相続がらみ形式競売が目立つ」

2022年10月17日「転貸物件の競落は転借人明渡前提か?」

2022年10月10日「駅前マンションが一番人気で個人落札」

2022年10月3日「中野店舗・共同住宅に入札60本」

2022年9月26日「広尾の借地権マンションに入札6本」

2022年9月19日「好立地も狭小ワンルーム人気薄」

2022年9月12日「バス便郊外マンションが高上乗せ落札」

2022年9月5日「大使館敷地の分譲マンションが高上乗せ率競落」

2022年8月29日「平成バブル期を想起させる競落」

2022年8月22日「オーナーチェンジマンション年4%が競落目線か」

2022年8月15日「借地権が認められずに再競売」

2022年8月1日「オーナーチェンジマンションが高水準落札」

2022年7月25日「大岡山のマンション坪単価約480万円で落札」

2022年7月25日「2022年上半期前年比上乗せ率急上昇」

2022年7月11日「鉄骨造マンションが特売に」

2022年7月4日「高額東麻布ビルに大量入札」

2022年6月27日「個人落札数の低下」

2022年6月20日「高島平のマンションが一番人気」

2022年6月13日「赤坂土地共有持分に大量入札」

2022年6月6日「カボチャの馬車に入札3本」

開札トピックス 競売・公売不動産/底地投資コンサルティング

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2022 All Rights Reserved.