株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

裂いたか、野田、可決か ツケが他の課題さ

     2015/02/20   時事回文      sada

昨日、衆議院で消費税の増税法案が可決されました。政府与党、民主党から57名の議員が反対票を投じるという事態で、事実上の党分裂になりました。

 もともと、考え方が相異する議員が、政権与党になるという目的のためにだけ糾合した民主党である本性が顕になった、ということでしょう。
 3年半前、民主党は、政権を獲ったら、自民党時代にはひねり出せない、埋蔵金などの財源を確保し、公務員の人件費を20%カットなどして、それをもって社会福祉を充実させる等々マニフェストに掲げ、選挙に勝利しました。
 さらに政権奪取後4年間は、消費税増税の論議はしないとも言明していました。

 しかし政権を獲って後は、埋蔵金はありません、公務員経費はやっぱり削れません、だからお金が足りなくて財政赤字拡大します、だから消費税を上げますよ。じゃないと、国債が捌けなくなって、経済が壊れますよ、皆さんの孫子が借金返済で泣きますよ。との由。
 信じられない展開であります。「リーマン」と「震災」があったから仕方が無いという向きがありますが、そのエクスキューズは隠れ財源確保や公務員経費削減の可不可については関係ありません。
かなり大掛かりな詐欺ですね。あるいは騙すつもりは無かった、と言うならあまりにお粗末、正に児戯に等しい有様です。
 このマニフェストを作ったのは、小沢さんたちでしたよね。埋蔵金などの財源はどうしたんですか!!ただただ、増税反対では、小沢さんにも「信」は無しです。

 まだまだ政局の混乱が続きそうですが、その影響が経済停滞に繋がらなければ良いなぁと考える今日この頃です。

 ここで回文
 「裂いたか、野田、可決か ツケが他の課題さ」
 サイタカノタカケツカツケカタノカタイサ
 

 

裂いたか、野田、可決か ツケが他の課題さ 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2012 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ