株式会社ワイズ不動産投資顧問
tel:03-3518-2425
お問い合わせ

2019年2月4日「2019年初開札一番人気は墨田区マンション」

      開札トピックス      hiroko

東京地裁開札トピックス(19.2.4号)

2019年初開札一番人気は墨田区のマンション

 2019年最初の開札が1月24日に行われた。この日一番人気であったのが、都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋」駅徒歩約5分に立地するマンション。専有面積約17坪の2LDKの部屋で、築13年強である。売却基準価額は1700万円であったが、これに対し入札は42本あり、最高価3504万円弱で競落されていった。この競落価格は専有面積1坪単価約206万円と、一般市場価格の1割引程度とも考えられる。ただ物件の立地から競落者は強気の再販価格設定が可能と考えたのだろう。今年もエリアによって中古マンションには強気の入札がありそうだ。さて気になるのは本物件の占有者の賃借人である。この方が入居したのが差押後なのである。賃料から推して一般の賃借人であると思われるが、おそらくは競落者から明渡を請求されるであろう。入居して半年も経ず明渡を迫られることになる。契約日が僅かに差押登記の前であったので、明渡の6か月猶予は与えられてはいるものの、いずれにしても短期間での引越しは余儀なくされる。担保物件となっている物件を賃借する場合のリスクを改めて認識させられた。賃貸仲介会社もオーナーの与信には注意を払わねばならない。

2019年2月4日「2019年初開札一番人気は墨田区マンション」 底地・公売物件投資相談

Copyright©株式会社ワイズ不動産投資顧問,2019 All Rights Reserved.

ページ
先頭へ